女房を娶らば 花川戸町自身番日記

祥伝社文庫

辻堂魁

2020年11月12日

祥伝社

792円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

浅草花川戸近くの橋場町の渡しで追剥ぎ騒動があった。疑われたのは自身番の書役可一が妹のように可愛がっているお志奈の亭主三太郎だった。三太郎は札付きのろくでなしで、用心棒風体に攫われてしまう。身を案じたお志奈は、単身、仰天の救出行に打って出た!そこで出会ったのは、病弱の夫を養う浪人の妻、南町奉行の妻ー三者三様の夫婦の絆を描く至高の時代小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.1

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

9

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください