覇者(上)

信濃戦雲録第2部

井沢元彦

1995年7月31日

祥伝社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

天下制覇の野望に燃える武田信玄に旧主を滅ぼされた望月誠之助は、武田滅亡を誓い仕官先を求め旅に出た。そして滝川一益の知遇を得、“信玄を倒すのはわが主君”と断言される。一益の主こそ、将軍足利義昭を奉じ上洛を果たした織田信長であった…。騎馬軍団を主力とし、信濃に続き駿河を狙う信玄。一方、貿易港堺を押さえ商業振興を図り、新兵器鉄砲を戦場に導入せんとする信長。一武士の眼を通し、中世から近世へと変わる戦国の世を鮮烈に描く歴史巨編の第一弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください