将軍と木乃伊

江戸国学者・山崎美成の謎解き帳

永井義男

1999年9月30日

祥伝社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

側室四十人、子女五十五人と言われた十一代将軍・徳川家斉の治世。爛熟した江戸の文化人のあいだで、ひときわ異彩を放つ人物がいた。滝沢馬琴、平田篤胤ら著名人と親交を結び、幾多の社交場を主宰する薬種商にして国学者・山崎美成である。ある日、珍談奇談を持ち寄る兎園会で、会員の柳川藩士・西原梭江が「先日、大川(隅田川)で陰部を抉られた女の全裸死体を見た」と発言。直後、梭江は何者かに襲われた。事件の背後に巨大な陰謀を直感した山崎美成は、密かに調査を開始。やがて極めつけの精力剤、将軍の回春薬と言われる「木乃伊」の存在にたどり着くが…。時代小説界の俊英が類い稀な着想で贈る大江戸ミステリーの快作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください