私は存在が空気

中田永一

2015年12月11日

祥伝社

1,650円(税込)

小説・エッセイ

存在感を消してしまった少女。瞬間移動の力を手に入れた引きこもり少年。危険な発火能力を持つ、木造アパートの住人…どこかおかしくて、ちょっぴり切ない、超能力者×恋物語。恋愛小説の名手が描く、すこし不思議な短編集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.48

読みたい

11

未読

3

読書中

0

既読

29

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

nogiukwz12

超能力群像劇

starstarstar
star
3.9 2018年06月25日

超能力を持った少年少女による短編集。表題作の少女は、自らの存在感を空気のように薄くさせて、他者から認識されない能力を持つ。発送は面白いなと思いましたが、どれも王道のストーリーなので、物足りなさはあります。少年少女が出会い、大きな課題、敵が現れるが能力を駆使して乗り越える。というよな感じです。しかし最初の『少年ジャンパー』は切ない…引きこもり少年が、気になる女の子がその彼氏と上手くいくように奮闘する姿。そんなことする必要はないのに…なんて優しくて、格好良い少年なんだろう。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください