北方領土秘録 外交という名の戦場

数多久遠

2018年12月10日

祥伝社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

北の核・ミサイル実験が続き、米国大統領選挙が行なわれた二〇一六年十二月、首相の地元・山口長門での日露首脳会談で返還交渉は解決するはずだった。それが一転、突如暗礁に乗り上げたー元幹部自衛官の著者が、インテリジェンスというもう一つの“戦闘”を描く!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstar
star
2.15

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

9

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください