まち

小野寺史宣

2019年11月13日

祥伝社

1,650円(税込)

小説・エッセイ

尾瀬ヶ原が広がる群馬県利根郡片品村で歩荷をしていた祖父に育てられた江藤瞬一。高校卒業とともに上京し、引越の日雇いバイトをしながら荒川沿いのアパートに住んで四年になる。かつて故郷で宿屋を営んでいた両親は小学三年生のときに火事で亡くなった。二人の死は、自分のせいではないかという思いがずっと消えずにいる。近頃は仕事終わりにバイト仲間と他愛のない話をしたり、お隣の母子に頼まれて虫退治をしたり、町の人々に馴染みつつあった。そんなある日、突然祖父が東京にやって来ると言い…。じいちゃんが、父が、母が、身をもって教えてくれたこと。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(37

starstarstarstar
star
4.03

読みたい

26

未読

1

読書中

0

既読

159

未指定

95

書店員レビュー(2)
書店員レビュー一覧

みやざきとおこ

書店員

(無題)

starstarstarstar
4.0
1
2020年01月28日

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

--
0
2020年01月16日

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

心温まる

starstarstar 3.0 2021年08月07日

砂町商店街のお話

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください