うたう

単行本文芸フィクション

小野寺 史宜

2024年2月9日

祥伝社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

二十七歳の古井絹枝には、晴らすことのできない後悔があった。中学生の頃、地域の合唱団に所属する母に「一緒にうたおうよ」と誘われたものの、撥ねつけてしまったのだ。母が秘めていた想いも知らずに…。大学時代、絹枝はバンドを組んでいた。ギター担当は伊勢航治郎。バンド解散後もプロを目指したが芽が出ず、だらしない日々を送っていた。ベース担当は堀岡知哉。バリバリ働く妻がいるが、自分はアルバイトの身で、音楽への未練も僅かにある。ドラムス担当は永田正道。大学卒業後、父が越えられなかった資格試験の壁に挑もうとするが…。かつての仲間が、次の一歩を踏み出そうとする物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

16

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください