月徳貴人(下巻)

美貌の魔都

新書館ウィングス文庫

松殿理央

2002年9月30日

新書館

693円(税込)

ライトノベル

囚われた月夜叉を待っていたのは、厳しい「責め」。それもすべて、守魚が仕組んだことだった。牢に差し込む月明かりの中、静かにひそやかに、月夜叉は「月徳」として目覚めていく。人々を救う「癒し」の光を内に湛えた…。一方、帝もまた守魚の計算どおり「日徳」として目覚めた。「月徳」「日徳」の力は、やがて「闇孔雀」たる季花を襲う。すべてを見守る晴明は、ゆがんだ妄執を抱えた守魚を打ち破ることができるのか…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください