海軍兵学校江田島教育

新人物文庫

豊田穣

2010年6月30日

新人物往来社

733円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

「スマートで、目先が利いて几帳面、負けじ魂、これぞ船乗り」明治6年(1873)に来日したイギリス海軍顧問団によって一新された海軍士官の養成教育。その「海軍士官の前に、紳士であれ」とする英国流の紳士教育は、江田島に移転した兵学校にも引きつがれ、千変万化する海の守りにつく日本海軍軍人の基本精神となった。江田島で学んだ著者みずからの体験を通し、心身ともに日本男子をつくる“人間教育”の場であった兵学校の日常と、教育の神髄を紹介する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください