檸檬色の悲劇

長編本格推理「三色の悲劇」

Joy novels

吉村達也

1993年4月30日

実業之日本社

811円(税込)

小説・エッセイ / 新書

自ら実名を明らかにしてセクハラで上司を訴えた元OLが、自宅マンションで殺された。玄関ドアには内側からチェーンが掛けられ、侵入路とみられる窓の周辺は、砕け散ったガラス片のため、逆に、そこからの脱出は不可能だった。無数のレモンが転がり夥しい鮮血に彩られた閉鎖空間から犯人はどうやって消えたのか?『三色の悲劇』第2弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください