刀伊入寇

藤原隆家の闘い

実業之日本社文庫

葉室麟

2014年4月30日

実業之日本社

702円(税込)

小説・エッセイ

時は平安中期。京で心に荒ぶるものを抱いていた貴公子・藤原隆家は、陰陽師・安倍晴明から「あなた様が勝たねば、この国は亡びます」と告げられる。叔父・藤原道長との熾烈な政争を経て、九州大宰府へ赴いた隆家を待っていたのは、大陸の異民族「刀伊」の襲来だったー直木賞作家が実在した貴族の知られざる戦いを描く、絢爛たる戦記エンターテインメント巨編!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstar
star
2.38

読みたい

1

未読

4

読書中

0

既読

29

未指定

21

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

-- 2020年01月16日

(無題)

藤原隆家といえば枕草子の海月の骨くらいしか記憶になかったのだけど。その隆家の雅な京での暮らしと大宰府での刀伊との死闘のギャップが埋まった。 前半、枕草子で読んでいろんなエピソードが一つにつながってもう一度読んでみたくなる。 刀伊入寇にこんな物語があったと思えば隆家の戦いぶりもいっそう華やかに。

全部を表示

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください