哲学を読む

考える愉しみのために

大浦康介 / 小林道夫(哲学)

2000年6月30日

人文書院

2,200円(税込)

人文・思想・社会

古代ギリシア哲学のヘラクレイトスから現代思想のドゥルーズまで、計35人の哲学者を取り上げ代表作の一節にじかに触れるとともに、その人の哲学の全体像を的確に解説する通史的西洋哲学アンソロジー。哲学の入門・解説書はあまたあるが、本書の特徴は原文に触れることにある。だから書名は「哲学を読む」。なるべく哲学的発想の原点にたちかえり、「考える愉しみ」を味わえるように編集。より深い理解と読書のために参考文献と関連年表を付す。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

2

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください