真田幸村

物語と史蹟をたずねて

成美文庫

松永義弘

1995年10月15日

成美堂出版

597円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

慶長20年5月7日、決戦の日、幸村は家康の本陣に突撃し、「真田日の本一のつわもの」と伝えられるほど奮戦し、ついに討死した。戦場で華々しく戦い、いさぎよく死んでいった史上数少ない日本武士道の実践者・幸村。本書は、父昌幸ほどの軍事的才能や兄信之のような政治力もなく、家康との宿命的な対決で大阪に散った当代随一の軍師の生涯を描く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください