造形美の競演

高橋健司

1998年8月31日

誠文堂新光社

2,090円(税込)

科学・技術

雲のひとつひとつに名前があるといったら驚かれるでしょうか。気象学では、雲のあらわれる高さ、できる原因、特徴的な姿などから、世界共通の10種の名前(原名)が決められています。原名はラテン語ですが、これを日本語に翻訳したものが学名です。いっぽう、「入道雲」「ひつじ雲」など昔から親しまれてきた日本古来の雲の名前(愛称)もあります。この本では、原名と学名、また愛称があるものは、これを併記するようにしました。雲の正体は、空中に浮んだ水や氷の粒の集まりです。形もさだまらず、下から眺めているだけではなかなか区別しにくいものです。はじめは、名前にこだわらず雲に親しむことからはじめてはいかがでしょうか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください