自衛隊三国志(下)

赤壁の戦い

Alibaba novels

吉田親司

2009年1月31日

世界文化社

942円(税込)

小説・エッセイ

中国の武漢でPKF活動中の陸上自衛隊の部隊222名が三国志の世界に飛ばされた。雌伏2年の後、漢王朝復興を目指す劉備玄徳による三顧の礼を受け、軍師として迎えられた天津光照3佐は、自衛隊を劉備軍に合流させ、荊州攻略を目論み南下を始めた曹操軍との戦闘を開始する。しかし、緒戦の勝利に沸く劉備の拠点・新野を馬大校率いる北中華人民解放軍空軍が空爆。5万人の難民ともども夏口へ逃れる劉備一行は、長坂橋で曹操軍に追い詰められるも呉軍の参戦で危機を逃れる。天津は呉との同盟を画策するが-。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください