名門アーサーアンダーセン消滅の軌跡

公正な監査とリスク管理のプロ集団に何が起こったか元社員らが書いた内幕ストーリー

SPRINGER EXECUTIVE EDUCATION SERIES

S.E.スクワイヤ / 平野 皓正

2003年12月31日

シュプリンガー・ジャパン

2,200円(税込)

ビジネス・経済・就職

CEOやCFOが会計を操作し、会計を歪め、投資家を欺いたエンロンの倒産は、一時期時価総額1100億ドル(13兆円)を越した株がゼロになり、株主に膨大な損失を与えた。本書は、エンロンの実体を知りながら、外部監査人として強い対応のできなかったアーサーアンダーセンの悲劇の内幕である。名門アンダーセンは会社ぐるみで起訴され、たった1通の社内e-mailのため有罪となり、170日の裁判後会社は消滅し、85000人の会計士は職を失った。これは、企業経営者は全社的リスク管理システムを構築し、徹底してそれを実行し、甘い例外を認めないこと、また、企業の最終局面では、トップの対応の仕方如何が企業を救うか、破滅させるかの分かれ道になるという、コーポレート・ガバナンスの教科書的実例の物語である。大なり小なりどこでも起こりうる話だ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar
star
2.6

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください