沈黙のルール

柏艪舎文芸シリーズ

デーヴィド・L.リンジ / 鳥見真生

2006年10月31日

星雲社

2,200円(税込)

小説・エッセイ

IT業界の大立者タイタス・ケインが、アルヴァーロと名乗る男から、6400万ドルを払わなければタイタスの近親者を一人ずつ殺していくと脅迫された。警察やFBIへの通報を禁じ、タイタスの二匹の飼い犬を惨殺して男は立ち去った。翌日、タイタスの親友が事故死する。続いて秘書が謎の死を遂げた。やつらの思いどおりにはさせない。タイタスは身の危険を顧みず、最新鋭のテクノロジーを駆使して犯行グループの追跡を開始した…。闇の中で、人知れず、両者の戦いの幕が切って落とされる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください