謀略銀行

大塚将司

2004年7月31日

ダイヤモンド社

1,650円(税込)

小説・エッセイ

日本の金融自由化がスタートした1985年。東都相互銀行は巨額の不良債権にあえいでいた。監査役・井浦重男を筆頭とする経営陣は、銀行を私物化してきた創業者一族を排除して再建を果たそうとする。経営権を握るために同銀行株の取得を目指す井浦たち。しかし、資産を死守しようとする創業者一族は、株をある人物に売却してしまう。背後に見え隠れする大手都銀の影。株買い戻しに躍起になった井浦らは、政官財、さらには検察まで加わった巨大な陰謀の渦に巻き込まれていく…。政官財、さらには検察まで加わった巨大な陰謀の渦ー。話題の著者による迫真の金融ノベル!第1回ダイヤモンド経済小説大賞・優秀賞受賞。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください