ひきこもれ

ひとりの時間をもつということ

だいわ文庫

吉本隆明

2006年12月31日

大和書房

715円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会

「一人でこもって誰とも顔を合わせずに長い時間を過ごす。『分断されない、ひとまとまりの時間』をもつことが必要なのだとぼくは思います。一人でこもって過ごす時間こそが『価値』を生むからです」「『孤独』ということを、どこまで自分の中に呑み込んで、つきつめていけるか。その上で、どこまで風通しよく生きていけるか。それを目指していこう」“思想界の巨人”が普段着のことばで語る、もうひとつの社会とのかかわり方。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

193

未読

2

読書中

0

既読

4

未指定

10

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

吉本隆明「ひきこもれ ひとりの時間をもつということ」

--
0
2019年12月27日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください