孤独と不安のレッスン

だいわ文庫

鴻上尚史

2011年2月28日

大和書房

748円(税込)

小説・エッセイ

「ニセモノの孤独」を知る、「根拠がない」から始めよう、つらくなったら、誰かに何かをあげる、あなたを支えるものを作るー人気演出家が綴る「ひとり」を生きるための練習帳。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstarstar
star
3.98

読みたい

13

未読

5

読書中

1

既読

29

未指定

32

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

鴻上尚史「孤独と不安のレッスン よりよい人生を送るために」

--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー (1)

まつばら

「本当の孤独」と「前向きの不安」を生きる

starstarstarstarstar 5.0 2020年04月09日

『一人がみじめなんじゃなくて、一人はみじめだと思い込んでることに、苦しめられている』 『本当の孤独とは自分と深い対話をすること』 →そのために『一定時間、何もせず、退屈し、恥ずかしくない孤独を体験して、体の深い部分をゆるめる』 『人間は一人でいる時に成長する』 =『素敵なことを人から聞いても、役に立つことを本で読んでも、一人でそれをかみしめる時間がないと、自分のものにはならない』 日本人→友達100人至上主義、みんな言ってるよ、世間という名の神様、共同体社会。 『経験を積んでいくことで怖さを知り不安になる』 『悩むとただ時間は消えていく。考えるは時間をかければ何かが残る』 『後ろ向きな不安はありもしない絶対の保証を欲しがる』

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください