肉体の学校

ちくま文庫

三島由紀夫

1992年6月30日

筑摩書房

682円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

裕福で自由な生活を謳歌している三人の離婚成金。映画や服飾の批評家、レストランのオーナー、ブティックの経営者と、それぞれ仕事もこなしつつ、月に一回の例会“年増園”の話題はもっぱら男の品定め。そのうち一人元貴族の妙子がニヒルで美形のゲイ・ボーイに心底惚れこんだ…。三島由紀夫の女性観、恋愛観そして恋のかけひきとは?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar 3

読みたい

4

未読

1

読書中

1

既読

23

未指定

14

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください