猫語の教科書

ちくま文庫

ポール・ギャリコ / 灰島かり

1998年12月31日

筑摩書房

638円(税込)

美容・暮らし・健康・料理 / 文庫

ある日、編集者のもとへ不思議な原稿が届けられた。文字と記号がいりまじった、暗号のような文章。“〓YE SUK@NT MUWOQ”相談を受けたポール・ギャリコは、それを解読してもっと驚くはめになる。原稿はなんと、猫の手になる、全国の猫のためのマニュアルだった。「快適な生活を確保するために、人間をどうしつけるか」ひょっとしてうちの猫も?描き下ろしマンガ(大島弓子)も収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(9

starstarstar
star
3.71

読みたい

12

未読

3

読書中

4

既読

34

未指定

55

書店員レビュー
1

starstarstar
3.0
0
2019年02月25日

みんなのレビュー (2)

深瀬 舞

starstarstar
star
3.5 2019年09月14日

(無題)

Everybody wants to be a cat とかなんとかいう歌があったけれど、まさにその通りに違いない。だって猫って、あんなにも独立心が強くって優雅で、それでいて愛らしくて、魅力的なんですもの。と、まあこんな具合に絶対犬派の私がやられてしまうほど巧みな一冊。猫の手を借りて人間という生き物を見つめ直せるのもこの本の魅力でしょう。猫さんと会話しているかのようにスラスラと読めるので是非ご一読ください。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください