せどり男爵数奇譚

ちくま文庫

梶山季之

2000年6月30日

筑摩書房

902円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

“せどり”(背取、競取)とは、古書業界の用語で、掘り出し物を探しては、安く買ったその本を他の古書店に高く転売することを業とする人を言う。せどり男爵こと笠井菊哉氏が出会う事件の数々。古書の世界に魅入られた人間たちを描く傑作ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.5

読みたい

6

未読

5

読書中

0

既読

12

未指定

44

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください