阿房列車

内田百間集成 1

ちくま文庫

内田百間

2002年10月31日

筑摩書房

1,210円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「なんにも用事がないけれど、汽車に乗って大阪へ行って来ようと思う」。昭和25年、先生は旅に出た。道づれはヒマラヤ山系なる茫洋とした男。役に立つこと、ためになることはひとつもせず、借金まみれなのに一等車に乗り、妙に現実ばなれした旅はふわふわと続く。上質なユーモアに包まれた紀行文学の傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

7

未読

1

読書中

4

既読

10

未指定

25

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください