百鬼園先生言行録

内田百間集成 7

ちくま文庫

内田百間

2003年4月30日

筑摩書房

1,100円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

フロックコートに山高帽子、独身ドイツ語教師の百鬼園先生は、物物しい仏頂面で毎日何でもない事に腹を立てながら暮らしている。隣の鶏を制裁するために卵の殻を外に捨てるという行為に隠された深謀、停留場で電車を眺めながら思索する人口問題、食糧問題の解決方法…とことん真面目にものを考えると、とんでもなく可笑しいことになる。独特の論理で抱腹絶倒の一冊。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください