百姓から見た戦国大名

ちくま新書

黒田基樹

2006年9月30日

筑摩書房

924円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

武田、上杉、北条…数々の群雄が割拠し、しのぎを削った戦国時代。飢饉と戦争で疲弊した百姓は、社会的危機には公然と「世直し」を求めた。生き延びるために、ときに大名の戦争に参加し、また、隣村との境界争いなどにも武具を携えて参集した。いっぽう大名は、百姓に礼を尽くした施策を講じて領国の安定を図った。庶民の視点から乱世期の権力構造と社会システムをとらえなおす。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.33

読みたい

4

未読

0

読書中

0

既読

13

未指定

26

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください