現代美術のキーワード100

ちくま新書

暮沢剛巳

2009年4月30日

筑摩書房

946円(税込)

ホビー・スポーツ・美術 / 新書

「現代アートは難しい」と言われる。デュシャンが便器に署名を入れたことがなぜ革命的だったのか?村上隆が作るフィギュアやハーストの鮫のホルマリン漬けのどこがアート?現代において美術は思潮や文化を映す鏡のような役割を持っているため、作品制作時の時代背景や中心概念を知らないと理解しにくいのだ。そこで本書では、20世紀以降の美術を、タテ軸(歴史)とヨコ軸(コンセプト)から位置づけ、どのような文脈で何を訴えているのか、読み解くための100のポイントを解説した。この一冊で、鑑賞が何倍も楽しくなる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.1

読みたい

1

未読

0

読書中

2

既読

1

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

古今東西の本棚

よくわからない現代美術のキーワード

starstarstar
star
3.1 2022年04月03日

ポスト・モダン、キュビズム、アール・ヌーヴォー…どこかで聞いたことがあるけど、言葉の意味がよくわからない現代美術。この本は、現代美術のよく聞くキーワードを100に絞り分かりやすく解説したものです。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください