日本震災史

復旧から復興への歩み

ちくま新書

北原 糸子

2016年9月5日

筑摩書房

1,078円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

度重なる震災は、日本社会をどのようにつくり替えてきたのだろうか。災害の歴史から、救済と支援、復旧・復興の技術的進展に焦点を当て、古代・中世から近代までの象徴的な事例を取り上げて具体的に分析。社会が持つ災害への対応力の歴史的変遷をたどる。東日本大震災の衝撃から立ち直りかけようとする現在の被災地の現実を見据えつつ、災害の社会史研究に長く従事してきた著者ならではの視点から、歴史災害の復旧・復興の歩みと、時代を超えて人々が抱えてきた問題を読み解く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar 2

読みたい

2

未読

1

読書中

1

既読

3

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

awahira

(無題)

starstar 2.0 2018年02月25日

日本における災害の概要が理解できる。 災害に国として地域として、どのようにに対応したのか網羅的にまとめられている。 歴史的な経緯を理解するためには良書だと思うが、それをどのように現代に活かすかは別。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください