倚りかからず

ちくま文庫

茨木のり子

2007年4月30日

筑摩書房

638円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

「もはや/いかなる権威にも倚りかかりたくはない/ながく生きて/心底学んだのはそれぐらい/じぶんの耳目/じぶんの二本足のみで立っていて/なに不都合のことやある/倚りかかるとすれば/それは/椅子の背もたれだけ」。強い意志とナイーヴな感受性によって紡ぎだされた詩集『倚りかからず』に「球を蹴る人」「草」「行方不明の時間」の詩3篇と高瀬省三氏のカット16点を添えて贈る瀟洒な一冊。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.75

読みたい

10

未読

6

読書中

2

既読

15

未指定

34

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください