分解

ちくま文庫

酒見賢一

2010年2月9日

筑摩書房

836円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「ありとあらゆるものを分解する」分解者。分解の対象は銃、人体、そして…(『分解』)。音の神が「最初の一滴の音」を求めて町をさまよう。音神がそこに見つけたものは(『音神不通』)。雑誌掲載後、長らく入手不可能となっていた五本の中短篇を初収録。他に、古代史の世界を舞台に男たちの生き様を描く『童貞』『ピュタゴラスの旅』などを加え、酒見賢一のエッセンスを凝縮した一冊。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください