日本語が亡びるとき増補

英語の世紀の中で

ちくま文庫

水村美苗

2015年4月8日

筑摩書房

968円(税込)

語学・学習参考書 / 文庫

日本語は、明治以来の「西洋の衝撃」を通して、豊かな近代文学を生み出してきた。いま、その日本語が大きな岐路に立っている。グローバル化の進展とともに、ますます大きな存在となった“普遍語=英語”の問題を避けて、これからの時代を理解することはできない。われわれ現代人にとって言語とはなにか。日本語はどこへいくのか。第8回小林秀雄賞受賞の意欲作が、大幅増補で待望の文庫化。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.4

読みたい

3

未読

2

読書中

1

既読

11

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください