呑めば、都

居酒屋の東京

ちくま文庫

マイク・モラスキー

2016年8月8日

筑摩書房

990円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 美容・暮らし・健康・料理 / 文庫

赤羽・立石・西荻窪ー。古き良き呑み屋街にはそれぞれの歴史がある。アメリカ生まれの著者が酒のグラスの向こうに見たのは、闇市のにぎわう猥雑でエネルギッシュな東京の姿だ。歴史探索とはしご酒という二重の“フィールドワーク”を敢行し、居酒屋文化に頭脳と肝臓で切り込んだ渾身のノンフィクション。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

6

未読

1

読書中

0

既読

5

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

toruo

(無題)

-- 2022年05月12日

たまたま日本に留学した時のホームステイ先がお花茶屋だったことから立石の居酒屋に通うようになりすっかり日本の居酒屋にハマってしまったアメリカ人大学教授の力作。日本酒が好きで肉より魚という変なガイジン(笑)が都内を中心に居酒屋をめぐる。よくあるガイドを兼ねた本ではなくて花街だったとか闇市だったとか居酒屋のある町の歴史をしっかり掘り下げてあって非常に興味深い。日本酒が苦手で魚より肉、の私は好みが全く違うけど溝口や大井町など馴染みあるところが出てきたりして非常に面白く読めた。再読したいと思うのでこれは買おうと思う。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください