センス入門

松浦弥太郎

2013年2月25日

筑摩書房

1,430円(税込)

小説・エッセイ

「センスのよさ」は生きていくための切り札です。「暮しの手帖」編集長・松浦弥太郎が教える新しいあなたの作り方。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(11

starstarstar
star
3.14

読みたい

38

未読

10

読書中

5

既読

66

未指定

77

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2022年07月13日

センスがイイと思う人がいる。聴く音楽のリズムがいい。着ている服の色味に嫌味がなく、体のシルエットに合っている。話し方が、優しく聞き取りやすい。考えていることが、整然としている。言語表現が、綺麗。そんな人を、「センスがイイ」と私は思う。 センスは「美徳」であると書かれていて、なるほどなと思った。言い換えれば、「感性」でもある。あるものをイイと感じ、選択をする力。判断基準とも言えるだろう。そこに、その人独自のセンスが出る。 松浦弥太郎さんは親と同世代だ。なのに、私から見ても凄くセンスがいいと感じる。それは、自分と他者に対して心を開き、常に自然体だからだろう。自身の確固たるスタンダードを持っていながら、他者に対して寛容である。 うーん、そんな生き方をしたい。自分の芯を持ちつつも、自然体でセンスに溢れる人間に、なりたいものだ。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください