六の宮の姫君

創元推理文庫

北村薫

1999年6月30日

東京創元社

682円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

最終学年を迎えた「私」は卒論のテーマ「芥川龍之介」を掘り下げていく一方、田崎信全集の編集作業に追われる出版社で初めてのアルバイトを経験する。その縁あって、図らずも文壇の長老から芥川の謎めいた言葉を聞くことに。「あれは玉突きだね。…いや、というよりはキャッチボールだ」-王朝物の短編「六の宮の姫君」に寄せられた言辞を巡って、「私」の探偵が始まった…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(10

starstarstar
star
3.12

読みたい

14

未読

17

読書中

4

既読

130

未指定

131

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

starstarstar
3.0
0
2020年01月16日

みんなのレビュー (2)

もこりゅう

文壇交流の実態を調べるうちに浮かび上がった謎 !?

starstar 2.0 2023年10月21日

「私」が卒論のテーマで選んだ芥川龍之介 文壇交流の実態を調べるうちに浮かび上がった謎 !?(帯より引用) ともだちの正子との会話のやり取りは良い雰囲気で行われ、なんともうれしい。が、今回は「ミステリ」色が薄いのでミステリを期待して読むと少し読みにくい。それでもやはり読みごたえはある。

全部を表示

tokage09

読書好きには最高

starstarstar
star
3.6 2020年11月02日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください