慟哭

創元推理文庫

貫井徳郎

1999年3月31日

東京創元社

817円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

連続する幼女誘拐事件の捜査は行きづまり、捜査一課長は世論と警察内部の批判をうけて懊悩する。異例の昇進をした若手キャリアの課長をめぐり、警察内に不協和音が漂う一方、マスコミは彼の私生活に関心をよせる。こうした緊張下で事態は新しい方向へ!幼女殺人や怪しげな宗教の生態、現代の家族を題材に、人間の内奥の痛切な叫びを、鮮やかな構成と筆力で描破した本格長編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(58

starstarstar
star
3.83

読みたい

341

未読

48

読書中

1

既読

405

未指定

240

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

バッハ

🐶心奥を抉るミステリー❢

starstarstarstar 4.0 2021年04月09日

📝現代の病巣を背景に人間の本質を問う。 そして、物語は思いもよらぬ結末を迎える。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.5 2021年02月22日

犯人は分かったけれども、最後まで面白かった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください