穴の牙/深夜の法廷

土屋隆夫推理小説集成 8

創元推理文庫

土屋隆夫

2003年3月31日

東京創元社

2,090円(税込)

小説・エッセイ

この物語に、たとえ彼や彼女が登場しようとも、背後の主役は“穴”である。ある日、突然に、われわれの日常をおそう不条理な陥穽は、いたるところで、ひそかに牙をといでいるー。穴をテーマにした連作推理『穴の牙』と中編集『深夜の法廷』、そして傑作中編「地図にない道」を収録した。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください