渚にて

人類最後の日

創元SF文庫

ネヴィル・シュート / 佐藤竜雄

2009年4月30日

東京創元社

1,100円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

第三次世界大戦が勃発、放射能に覆われた北半球の諸国は次々と死滅していった。かろうじて生き残った合衆国原潜“スコーピオン”は汚染帯を避けオーストラリアに退避してきた。ここはまだ無事だった。だが放射性物質は確実に南下している。そんななか合衆国から断片的なモールス信号が届く。生存者がいるのだろうか?-一縷の望みを胸に“スコーピオン”は出航する。迫真の名作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.08

読みたい

219

未読

9

読書中

2

既読

24

未指定

33

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ネヴィル・シュート「渚にて」

--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー (1)

toruo

(無題)

-- 2022年05月12日

舞台は1960年代で大国同士が本当にありったけの核爆弾を使って戦争してしまった世界。北半球は放射能に覆われてしまってその影響がじょじょに南半球に及んでくる。 生き残ったアメリカの原潜スコーピオンはオーストラリアに避難しているが、シアトル近辺から発信されてくる電波の正体を突き止めるためにアメリカ本土に戻る… この航路における冒険は特に描かれず、淡々とじょじょに死滅していく世界を書いていて身につまされる。 1960年代の設定だからかオーストラリアが舞台だからか、ある程度節度を持ちながら死滅していく人達が描かれており却って恐ろしい感じがした。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください