Think CIVILITY 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である

クリスティーン・ポラス / 夏目 大

2019年6月28日

東洋経済新報社

1,760円(税込)

ビジネス・経済・就職

一流のエリートほど、なぜ、不機嫌にならないのか?ビジネスに効く!人間関係も良くなる!社内「処世術」の秘訣、礼節メールの極意、危険人物の見抜き方、怒りを鎮めるコツー「職場の無礼さ」の研究、20年の集大成!全米で話題「礼節の科学」、日本初上陸!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(34

starstarstar
star
3.85

読みたい

59

未読

12

読書中

15

既読

97

未指定

155

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (5)

Readeeユーザー

最高の一冊

starstarstarstarstar 5.0 2020年09月08日

これは、永遠のバイブル

全部を表示

ぺいちい

誠実さが全て

starstarstar
star
3.8 2020年05月04日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

tanukichi

勇気づけられた本

starstarstarstar
star
4.5 2020年03月07日

リーダーやマネージャーを目指す立場として、時には厳しい態度や粗雑な態度をとり、自分を遠い存在に感じさせる(本文引用)必要があると考えていた。しかし、それは自分にはあまり合わないやり方であり、ゆえに自分はリーダーには向いていないと漠然と感じていた。 しかしそうではなく、礼節を持って、丁寧に同僚や後輩と接していくことはむしろ組織にプラスの影響を与えることができると知り、自分のやり方でもいいんだと本書から勇気づけられた。ただ無礼な人(自分の解釈では仕事に対するやる気がない人も含まれる)を放っておくのではなく、改善を試みたり、場合によっては厳しい判断を下すことの必要性も知った。その人にはマイナスになるかもしれないが、その他大勢の礼節ある人、やる気のある人を守ることになるのだから。そう考えればできる気がする。自分の出来ることから少しずつ行動していきたい。

全部を表示

skkt

いただいて読んだものです

starstarstarstar 4.0 2020年01月04日

お知り合いの方に、参考にしてみてねと本書をいただきました。 礼節が大切だということは、当たり前すぎてこれが生存戦略だという思考には至っていませんでしたが、本書を読み、なぜ礼節が重要なのかが具体例や統計を通して知ることができました。 職場で礼節を大切にできない人は、結構いると思います。そんな人たちから傷を受けた人たちにエールを送ってくれるような本だと思います。

全部を表示

Readeeユーザー

最高の一冊

starstarstarstarstar 5.0 2019年10月31日

これは、永遠のバイブル

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください