世界で一番小さな象が教えてくれたこと

エコロジーの時代に「清流の経営」で生きる日本企業

更家悠介

2010年10月31日

東洋経済新報社

1,540円(税込)

科学・技術

看板商品の原材料のため熱帯雨林が破壊され、象が苦しんでいる!?-自然派を自認してきた企業にもたらされた「寝耳に水」のテレビ取材。そのときトップはどう決断したか…。社長就任後11年で、年商100億円から300億円超に伸ばした二代目経営者が語る「当たり前で自然なことがビジネスになっていく経営」。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください