集団投資スキームの会計と税務第2版

中央青山監査法人

2005年12月31日

中央経済社

4,180円(税込)

ビジネス・経済・就職

本書ではまず、集団投資スキームと「器」(Vehicle)の活用についてその概要を示し、次に11の「器」ごとに、それぞれの仕組みと会計・税務処理を詳解している。さらには投資家の会計・税務についても言及し、SPC(特別目的会社)などの「器」の連結会計上の取扱いについても、米国基準の動向を織り込んで解説するものである。金融機関や財務担当者を対象に、集団投資スキームにかかる正しい会計・税務の知識を提供するとともに、集団投資スキームを有効に活用した金融ストラクチャーの組成を行う際のヒントを提供している。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください