人事評価の会計学

キャリア・コンサーンと相対的業績評価

太田 康広

2021年2月20日

中央経済社

4,950円(税込)

ビジネス・経済・就職

キャリアの早い段階において、自分の能力がどれくらいなのか自分自身でもわかっていない若手の社会人が、短期的に求められている以上の努力をする「キャリア・コンサーン」という現象が生じ、また、業績を評価される人がコントロールできない他人の業績と比べられて、その人の報酬が決まる「相対的業績評価」の問題もクローズアップされてきている。この分野の基礎的な重要文献を厳選し、実務に有益な理論的研究成果についてわかりやすく解題。ノーベル賞経済学者の理論を人事評価に応用する!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください