タネが危ない

野口勲

2011年9月30日

日経BPM(日本経済新聞出版本部)

1,760円(税込)

小説・エッセイ / ビジネス・経済・就職

手塚治虫『火の鳥』初代担当編集者となり、我が国で唯一、固定種タネのみを扱う種苗店三代目主人が、世界の農業を席巻するF1(一代雑種)技術が抱えるリスクを指摘、自家採種をし、伝統野菜を守り育てる大切さを訴える。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.9

読みたい

3

未読

3

読書中

0

既読

5

未指定

15

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

タネが危ない

starstarstarstar
star
4.9 2020年09月22日

家庭菜園であれば、固定種で自家採種をし、自然のまま育てたものを食べていこうと思った。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください