ルールの世界史

伊藤 毅

2022年1月17日

日経BP 日本経済新聞出版本部

1,980円(税込)

ビジネス・経済・就職

世の中を大混乱に陥れた数々のバブル崩壊に見る「信用ルールの物語」。創造することへの欲求に、利益という燃料を注いだ「特許ルールの大切さ」。自動車産業創世期、ルールにとどめを刺されたイギリスと、ルールによって普及させたフランス・ドイツ。その違いとは?自由競争か、規制か。今でも世界を悩ませる育成ルールの各国別の事情とは?ルールの構造を劇的に変えた、インターネットの破壊力。ルールは変えられる。ルールを破壊し、創造した人たちの歴史ストーリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.24

読みたい

20

未読

1

読書中

0

既読

21

未指定

42

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

ようざん

あらためてルールの重要性を認識した。

starstarstar 3.0 2022年03月12日

ルールというのを考えるきっかけになる本だと思う。ルールの与える影響力、また歴史の中で有効であったルール、インターネットが普及した中でのルールなど、興味深い本だった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください