世界経済の三賢人

バフェット、ソロス、ボルカー

チャールズ・R.モリス / 有賀裕子

2010年1月31日

日経BPM(日本経済新聞出版本部)

1,980円(税込)

ビジネス・経済・就職

金融の大混乱を予想し、資産バブルを警告していた3人の男がいたーバフェット、ソロス、ボルカー。ウォール街の金融機関経営者と政府要人たちが名声を落とす中、彼らの叡智と先見は全世界の注目を集めた。辿ってきた経歴の大きく異なる3人が、なぜ同じ未来を見通すことができたのか?金融連鎖破綻を予言し、日米でベストセラーを記録した『なぜ、アメリカ経済は崩壊に向かうのか』の著者チャールズ・R・モリスが、3人の共通点ー50年以上も市場にかかわり、ウォール街に対して否定的で、学者の妙案よりも良識を重んじ、多くの恐慌と強気相場を見てきた経験から効率的市場など存在しないと割り切っている…などを解明し、これからの市場と経済を分析するうえで欠かせない視点を伝授する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

3

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください