公教育をイチから考えよう

リヒテルズ直子 / 苫野一徳

2016年8月12日

日本評論社

1,870円(税込)

人文・思想・社会

「勉強は楽しくない」なんてウソだ!日本の学校にホンモノの学びを。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstarstar
star
4.64

読みたい

5

未読

0

読書中

0

既読

18

未指定

12

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Joe

公教育の意味

starstarstarstar
star
4.5 2022年01月30日

最近、公教育とはどうあるべきかを考えることが増えた。 教員はそれぞれの考え、こだわりのもとで進めていることが多く、子どもにとっては当たりはずれが多いのではないかと。 公教育の意味は、自由の相互承認。とても腑に落ちた。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください