中国法書選(16)

西林昭一

1987年11月30日

二玄社

1,760円(税込)

ホビー・スポーツ・美術 / 美容・暮らし・健康・料理

この碑は、唐の高宗の咸亨3年(672)、長安の弘福寺内に建てられたが、いまは西安碑林に列置されている。碑文は30行、満行の字数は85〜86字。全文1904字は、すべて懐仁が王羲之の行書を集字したもので、のちの興福寺断碑をはじめとするいわゆる集王碑の濫觴である。本書の原本は、王〓ほか名家の題記をそなえた剪装本で、点画はやや細身ながら、力強いその風趣は、北宋拓でも屈指の名帖である。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください