籠釣瓶花街酔醒/神明恵和合取組

歌舞伎オン・ステージ

河竹新七 / 菊池明

1986年5月31日

白水社

2,750円(税込)

人文・思想・社会

田舎者の上にあばたづらというぶ男が迷いこんだ吉原で遊女八ツ橋を見染めたときが惨劇のはじまりとなる篭釣瓶。力士と火消し人足(鳶)の乱闘を描いた和合取組の通称は「め組の喧嘩」。江戸の情緒を歌舞伎ならではの趣向で見せる風俗劇の代表作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください