イン・ザ・ペニー・アーケード

白水Uブックス

スティーヴン・ミルハウザー / 柴田元幸

1998年8月31日

白水社

1,320円(税込)

小説・エッセイ / 新書

からくり人形師の信じ難いまでに洗練された芸術を描く傑作中篇「アウグスト・エッシェンブルク」を含む巧緻極まりない短篇集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

4

未読

6

読書中

0

既読

5

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

toruo

(無題)

-- 2022年05月12日

柴田元幸さんの翻訳に注目するようになって知った作家のミルハウザー。 とにかく独特の世界を作る作家で、精緻を極めたからくり人形であったり地下遊園地であったり...独特のコクのようなものがあってダメな人は全く受け付けないであろう作風。 本作は短編集で三部構成になっとおり、一部がからくり人形作者の一遍、二部にいわゆる普通のアメリカンな短編がいくつか、三部に寂れたゲームセンターから想起されるイメージを描いたタイトル作を含む作者らしい幻想的な短編をいくつか配置しています。 最後に収録された「東方の国」が白眉でした。 機会があれば手にとって頂きたい作家だと思います。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください