断食芸人

白水Uブックス

フランツ・カフカ / 池内紀

2006年8月31日

白水社

1,210円(税込)

小説・エッセイ / 新書

『断食芸人』はカフカの死の直後に刊行された。校正刷りが届いたとき、カフカは喉頭結核のため絶食を強いられていた。食べられない人が、食べない男の物語の校正をせっせとこなす。なんという悲劇、なんという喜劇!表題作のほか、『田舎医者』「新聞・雑誌に発表のもの」を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

3

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

RinRin

滑稽

starstarstarstar 4.0 2019年02月08日

フランツ・カフカも私の読書人生になんか「なんじゃこりゃ」的な衝撃を与えた人なんだが カフカってやべーよね!って人と盛り上がったこと未だかつてなくて辛い

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください