くちづけはいつも闇の中

ライムブックス

ケリリン・スパークス / 白木智子

2010年3月31日

原書房

1,026円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ロマテック・インダストリー社を経営する科学者のローマン。同社が開発した人工血液は医療界に革新をもたらし、彼は巨万の富を得る。しかしローマンは実はヴァンパイアだった!そもそも同族たちのエネルギー源として人工血液の製造と販売を思いついたのだ。ある液、新製品の試作品を使用していたときに牙が一本抜けてしまったローマンは、あわてて深夜営業の歯医者に向かう。歯科医のシャナはマフィアの抗争に偶然巻き込まれて以来、血を見るのが苦手になってしまった。このままでは失職してしまうと悩む彼女の前に、謎めいた患者が現れる。黒髪で黒づくめのハンサムなその男性に思わずときめいたシャナだが、彼が取り出したのはなんと、大きな牙で…!2009年度RITA賞パラノーマル部門ファイナリストの超人気シリーズがついに日本上陸。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください